やどかり

昼のお星は目に見えぬ。見えぬけれどもあるんだよ、見えぬものでもあるんだよ。(金子みすゞ)

私が読み返したいもの

調味料は化粧品に似ている

ようやくわかったんだ、調味料って化粧品に似てる。あっ、読むのやめないで。 いろんな色とか形状とかがあって、もちろんパッケージもいろんな方向性があって、で、本体にまぶすと、本体が好ましく変化するじゃない。 ほら、スパイスとかさ、まぶたの上に塗…

どうでもいいをたくさん

どうでもいいことを増やしたい。 「こだわる」「選び抜く」とかじゃなくて、「どっちでもいい」「なんでもいい」をたくさんもちたい。 より快適に過ごしたいとするならば、ぜんぶを(たとえば、一緒にいる人とか着る服とか食べるものとか仕事場の椅子の背も…

首を切れ

首を切れ。 皮一枚しかつながってないんだから、 いい加減観念して、切れ。 中途半端に切れてて、感覚があるからつらいんだ。 だから、もう、ぜんぶ切れ。 うすうすわかってることは正しい。 認めたくないけどたぶん正しい。 もうほとんど切れてるんだからさ…

昨日から冬

やってくるのが突然すぎやしないかね冬。 本日から大阪に参りました、冬です、どうぞよろしく!ていうね。 着任早々絶好調。 昨日からいらしてたけど、見て見ぬふりをして、 あ忙しいんだなちょっと早く来ちゃったもんな出直そって引き返してくれるのを期待…

車内スケッチ

ありそうで見たことなかったなあ。 電車で座りながら、向かいの人のスケッチをする人。 眠りこけた人も多い金曜日の23時すぎ、梅田発阪急宝塚線。 50代サラリーマン風の男性。 上部にリングのついた、 メモ帳よりひとまわり大きいサイズのスケッチブックを左…

いいこいいことおれすげえ

自分も含めて誰もが例外なく、 オレすげえ!って思っていたい、 ということを認めたほうがいい気がしている。 で、まあ、自分ひとりではそう思えない場合、 他人を使って「オレすげえ」を欲しがるんだけど、 それは、「いいこいいこして」とまったく同じなん…

見えぬけれどもあるんだよ

そらあもちろん、 言わなきゃわかんない。 わかんないんだけど、それは、伝える側のスタンスであって、 キャッチする側は言っちゃいけないと思うのよね。 言葉だけが発信じゃあないからさあ。 表情とか身体の動きとか、何も言わないというそのこと自体とかを…

しゃべるより

いやもうほんと、 黙ってる人をもっと知りたい。 黙っているのは、からっぽだからじゃない。 言葉にできない感情に飲み込まれているのかもしれない。 おかれてる状況のせいで声を出せないのかもしれない。 ほんとうは泣きたいけれど意地張っているだけかもし…

自分で選ばない

「たまたま縁があった」の反対語は、 「自分で選んだ」だ。 私的な怨念がこもってしまうかもしれないけれど、 今、自分で選ぶことが重要視されすぎている。よ。 間違いなく。 自分の好きなもの、やりたいことを頭でとことん突き詰めて、 それにもっとも合致…

「たまたま、縁があったんです」

ここ5年は、発売前からずーっと待ってて、 発売されたら1週間以内には必ず手に入れてる本があるのです。 内容だけでなく、フォントから紙質から手触りから重さから、 なにからなにまで好きなのです。 今年も出ました、糸井重里「小さいことばシリーズ」 最新…

しゃべることとその人の魅力について思うこと(羅列)

・しゃべればしゃべるほど失われるものって絶対あって、 そのひとつが色気だと思うのよね。 ・マイ・フェイバリット古語 (ベネッセ全訳古語辞典より) おくゆかし【奥ゆかし】 :物事の奥に隠れているものに心がひかれるようす <解説> 「奥+ゆかし」とし…

黙る人

SNSを見てて疲れちゃうのは、 黙ってる人がいないからなんだよなあ。 喋ってる人しか見えないの。 黙ってる人はいないことになってるんだよなあ。 私は、最近、黙ってる人をほんとうにいいなあと思う。 一人称の話に、一人称の話でしか会話できない人ばかり…

見られるだけじゃないはずだ

なんていうか、被写体にカメラ持たせたほうが、 ぜったいおもしろい写真撮れると思うんだ。 我々は小さい子とかさ、動物とかさ、有名人とかさ、 そういう人にカメラを向けるけれどもさ、 きっと彼らが撮った写真のほうがおもしろいんじゃあなかろうかと思っ…

見てるこっちが落ちたよ

負けた。 御年11歳のおませなお嬢様に負けた。 たぶんこういう駆け引きは、天性のもんなんだ。 彼女にはきっと、30年経っても勝てない。 だってさだってさ、 ひとまわり以上離れた殿方に、 直接会えばうざいあっちいけと蹴りまくるのに、 かげでは「やっぱり…

浮かぼうぜ

海に浮かんだあの感覚が忘れられなくて困っている。 海行って、バシャバシャ浅瀬で水遊びしてる場合じゃないぞ。 泳いでる場合でもないぞ。疲れるだけだ。 あのね、 海は浮かぶものだ。 いやまじで。 みんな浮かぼうぜ。 ほんとに。 海に浮かぶって、人間が…

英語でいうとMasquerade

田舎道にて、「変装盆踊り大会」の看板を発見。 「これ、仮面舞踏会の日本版やな」 うめざわ ※映画「オペラ座の怪人」より Masquerade - YouTube

喜ぶと損する?

喜ぶと損すると思っちゃうことってあるよなあ。 素人のバンド演奏とか、 見るからにチープな服とかね、 明らかに冷凍食品をあたためただけのピラフとか。 そういうものが目の前にあるときに、 たとえ、それがけっこういいものだったとしても、 「んー下手で…

ただのチケットただの紙

さいきん、チケットについて考えている。 チケットって、まだなにも手に入ってないのにうれしいんだよね。 手元のお金がなくなっててもさ。 チケットがあるだけで、幸せな気分になれるんだけど、 チケットはべつに幸せを保証してくれるわけじゃあないんだよ…

うらやましいは腹が立つ

「うらやましい」は表面1ミリだけ見て出てくる言葉。 相性抜群な言葉は、「私にはできないわー」 できない言い訳にすんな。 うめざわ

願いが叶いますように

2014年七夕のベスト短冊は、 「お父さんが再婚できますように 知子」 でした。 うめざわ ※女の子はえらいもんです

ぼんだーんす

ああ、踊ってきたぜ。 エキサイトしすぎて、汗だくになっちまったぜ。 フロアにひびくドラムの音、あれが実に気持ちいいんだ。 腹の底から響くんだ、最高だぜ。 やっぱり人生にはダンスとミュージックだな。 え、いい女がいたか? 馬鹿いっちゃいけねえ、 お…

風通し

さいきん扇風機が24時間フル稼働している。 正確にいうとサーキュレーターだけど。 去年買ってからやたらと使っている。 扇風機大好きなんだよなあ。 物理的に風通しのいいところで過ごせたら、たいていなんとかなる気がしてだな。 ほんと、動きって大事だわ…

定期券の自由

定期券落とした。 初めて落とした。 ひどくへこんだ。 財布とか携帯とかなくしたことないのに、初めてだ。 でも、損した額といえば、大したことはない。 切れるまで残り1週間くらいのだから、どんだけ多く見積もっても3000円。 いろいろ自分を納得させようと…

ひっかかりがない

もうほんと、かつてないくらい平坦に、そしてなめらかに毎日が過ぎていく。 ひっかかりがないですね。 基本的に満ち足りていて、とくに考えることがない。 ああ天気がいいなあとか、洗濯物早く乾くなあとか、緑がきれいだなあとか、そんなもん。 これでいい…

どこかってどこよ

どこかに行く、ってことが、 もんのすんごく重視されているような気がして、 とても違和感があるのだ。 旅行先で急かされると萎える感じだ。 時間ないから、こことこことここ行こうよねえ早く行こうよ! おいおい、なんでそんなに焦るのだ。ゆっくりしに来た…

耳のポカリスエット

いま、文字どおり文字に囲まれた空間で、文字に関わって生活しているのだけれども、 いやーーー音が恋しくなるんだわ意識してなかったけど。 文字はひどく好きだから、いくらでも入るわ!って思っているけれど、 今日ふらりと歩いてたら、歌声が聞こえて、思…

パリの可愛い日経新聞

いかにも女の子が好きそうな雑貨屋さんってあるじゃない。 森ガール風のさ、髪は長くてウエーブかかってて茶色くて、ひざ下のだぼっとしたスカートと合皮のぺらぺらぺたんこ靴に茶色っぽい花柄のリュックしょってるようなさ、そういう女の子がいそうな雑貨屋…

つつじの白

つつじの白は、生きた白だと思う。 真っ白のつつじが密集して咲き誇ってる姿、まぶしくて仕方ない。 つつじといえば、濃い紅色やピンクのものだと思っていたのだけど、 なぜか今年、白いつつじが目につくようになって、その美しさにちょっと震えている。 あ…

2歳5ヶ月

バス停に並んでいたら、目の前に、 スキンヘッドのお父さんに、抱っこ紐でしがみついている赤ちゃんと、 だだこねて、めがねのお母さんに抱きかかえられている男の子。 お疲れのご様子のお母さんを見かねて、 お父さんが片手でひょいと男の子を抱える。 胸に…

つぶあんこしあん論争

あんこについて書こうと思う。 私はあんこが好きだ。というか、和菓子が好きだ。 小学校のころから、バースデーケーキの代わりにバースデー和菓子をねだっていたくらい和菓子が好きだ。いまだって、まんじゅうを手に入れるためならば、近所の和菓子屋さんの…

体には勝てない

人間は体に勝てないんだなあ。 意思ですべてどうにかなると思ってたけど、大間違いなのね。 体が先だわ。 たぶんどれだけ意思が強くても、 深呼吸しながら焦ることはできないし、 くすぐってもらいながら怒ることは不可能だし、 紙のエプロンつけて口のまわ…

輪が見える

目の前にいる人たちが手をつないで大きい輪をつくっている。 そんときわかるのよね。 ああこの輪が見えちゃうということは、自分はそれを外から眺めているんだなあ、輪の外にいるんだなあ。 そうすると、ああ私はひとりなのかなあって思うのだけど、たぶんそ…

気付いたら追放されるんだよなあ

幸せになる条件って、「主観」という醒めない夢の楽園にどれだけ安住していられるかって事だと思う。それこそが「エデンの園」よ。 (中村うさぎ&マツコ・デラックス『 うさぎとマツコの往復書簡』より) ページ開いたまま電車のなかでしばらく止まってしま…

幻の名物、復活

(ここからは、脳内劇場でお楽しみください) (再生は、1行ずつ黒画面に白抜き文字で表示される感じで) (オプションとして、行が変わるたびに「どーん」という効果音を追加すると迫力が増します) (BGM:「情熱大陸」みたいなのをお好みで) あの名物が…

殺してあげる、君のために。

男の子なるやさしさは紛れなくかしてごらんぼくが殺してあげる (平井弘 ) 六本木ヒルズの森美術館でやってるLOVE展に行ってから、ちょっとこれが頭から離れない。会期は明日9月1日までだからあれだけども、思ったことでも書いとくか。消化不良で胃もたれし…

アイスってつくれるんだぜ。

台所小ネタ集。 牛乳と卵と砂糖を適当にまぜて、ちょっと火にかけて、一晩冷凍したら、しゃくしゃくした懐かしい味のアイスできあがり。かんたんかんたん。 甘くない桃買っちゃったら、砂糖水で煮よう。さっぱりした桃の缶詰みたいなもんができるよ。冷やし…

リア充は、近付くと消える

A「こんなに若い子たちと遊んで、Bさんむっちゃリア充じゃないですかー!」 B「な、リア充ってなんやの?彼女がいたらリア充?」 A「や、そうとも限らないっすね…」 B「家庭があったらリア充?」 A「そしたらほとんどの人リア充ですね」 C「楽しそうだってこ…

レッドブルじゃ風邪は治らない

たとえば、あなたはとつぜん具合が悪くなった。どうも熱があるようだってなった場合、どうするか考えよう。 具合悪いから、その不快感を除きたい。 そうなったときの選択肢はふたつだよね。 ひとつは、熱を下げるよう心がける。暑いけど、布団に入って寝ると…

今日はおやすみ

今日はなんも出てこんからおやすみ。 しかしまあ、 扇風機って、なんであんなにホコリがひっつくんだろう。 しかも油っぽいやつ。 あのアミアミのところにひとつずつ、よったティッシュを差し込むのはなあ。嫌いじゃないけど、やっぱりめんどうだよなあ。 う…

人を殺しながら生きる

ぼくは、人を殺しながら生きている。 そう思って生きている。 このことばを聞いて、その人は、とても強いなと思ったのだよ。 また聞きしたセリフだから、真意のほどは確かめられないけど、強いよなあ。 私もそう思って生きてゆこうと思っている。 ほんとうに…

わーかっちゃいーるけど♪やーめらーれないっ♪

さいきんね、依存ってことについてよく考えていて。 「依存っていうのはやめようと思ってもやめられないってこと」ってことって説明がいちばんしっくりきているから、それにもとづいて話すと。 依存ってのは、ただの中毒で、それは、好きとか嫌いとかの次元…

完璧なケーキはどこにもないので

とっても残念な話なのだけど、 そのときすごく欲しくて、でも手からすり抜けていったものは、 一生手にはいらないのだ。 だって、同じものは二度と目のまえに現れないから。 ものすごーく楽しみにとっておいたケーキが、誰かに食べられてしまった。 そのとき…

特効薬はありません。あるとすれば、麻薬です。

ひとつ、わかったことがあるのだ。 私にとっては、わりと絶望でもあったのだけれども、言ってもいいかね。 あのねだな、 特効薬はどこにもない。 あるとすれば、それは麻薬だ。 これは、腹の底で実感すると、まじで愕然とするのだけども、 たぶんそうなのだ…

色気のある花は意外と少ない

いま、あじさいがそこかしこに咲いているけれど、 見るたびに、どうしてこの人たちはこんなに色っぽいのかしらって思う。 あれはいいなあ。 ああ、もう少し正確に言うと、艶っぽいなあと思う。 それぞれ、色気は不足から艶気は充足から、にじみでてくるもの…

理想の恋愛、教えてください

いやね、このまえ仲間たちと、ひょんなことからこういう話題になったのさ。 小説とか漫画とかで、自分がすきな恋愛模様はなにか、みたいなことをね。 みんなから出てきたのは、 小説『たそがれ清兵衛』のなかの夫婦関係とか、 漫画『娚の一生』のつぐみと海…

成功者じゃなくて、それはただの金持ちだ

「成功者」撲滅委員会をつくりたい。 や、これは、べつに、ご高名な経営者たちを抹殺したいとかそういうことではなくて、このことばを葬りたいだけのでご安心を。 もうさ、本屋のさ自己啓発の棚とか行くとさ、まあすごいわな、「僕はこうして成功した!」「…

泣きながら炊くごはん

たまねぎのせいではなく、泣きながら台所に立つことがある。 何もかもに行き詰まった気がしてどうしようもないときは、 とりあえずご飯を炊く。 「幸福は、ごはんが炊かれる場所にある」っていう有名なコピーがあるけど、ほんとうにそうだと思うわけ。 なん…

悩める人の首を落とせるか

ぜいたくな悩み、ってことばほど、ひとを苦しめているものはないなあと思う。 ぜいたくな悩みだね、っていわれて、ああそうだねぜいたくだから悩むのやめようって思えるかいな。 そうやって思えるくらいなら悩んでないわい。 ぜいたくだろうがなんだろうが、…

これ私の思いを代弁してくれてる、ってのがやっぱりうれしいから

このまえ酒屋さんで見つけてさ。 「問わず語らず名もなき焼酎」ってのを。 かっこいいなああああ。 なんかさ、焼酎とかとかはさ、孤高の雰囲気を感じさせる名前が似合うねえ。 そして、問わず語りってのも、なんか色気のあることばだなと思ったので、きょう…

ブラック企業はカルトなのね

4年以上大学にいるけど、いちばんおもしろかった話は、カルト教団の元幹部の話だなあ。 そこらへんにいるひとを、どうやってカルトに入信させるか、手順を追ってぜんぶ話してくれた。 ひとはいかに洗脳されていくか、ということについてね。 で、これは、ど…