読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やどかり

昼のお星は目に見えぬ。見えぬけれどもあるんだよ、見えぬものでもあるんだよ。(金子みすゞ)

色気のある花は意外と少ない

いま、あじさいがそこかしこに咲いているけれど、

見るたびに、どうしてこの人たちはこんなに色っぽいのかしらって思う。

 

 

あれはいいなあ。
ああ、もう少し正確に言うと、艶っぽいなあと思う。
 

それぞれ、色気は不足から艶気は充足から、にじみでてくるものっていう区別を私は採用しているのだけど、あじさいは、つやのほうだ。

 
同じカテゴリには、八重桜も入ってる。あれもつやっぽい。
私のなかのイメージだと、樋口可南子とか竹下景子とか。
 
 
で、艶気と対照して色気のある花は、ダントツでしゃくやくだと思う。
あのまるっこい蕾から、柔らかい花びらが何枚も重なってゆっくり開いていくさまは、あーれは、色っぽいだろう。しおれかけもまたよし。
ええと、これは、鈴木京香とか吉瀬美智子とかかなあ、もうすこし儚くてもいいんだけど。
あと、トルコキキョウも色気タイプだな。
 
そう考えると、けっこう色っぽい花って少ない気がしてて。
 
たとえば、ガーベラとかチューリップとかひまわりとかも色気はないじゃない。
パキっと可愛いくて、湿った感じはしないよね。上戸彩とかベッキーとか。
 
バラはなあ、美しいんだけど、いろっぽいかと言われたらそうじゃないよなあ。
黒木メイサとか香椎由宇あたり。
 
真っ白のカラーも、すごーくきれいなんだけど、凛々しすぎるなあと思う。天海祐希とかか。
 
大きいユリとかは、なんか、華々しすぎて圧倒される。どーん!でーん!きれいだろー!な感じ。アンジェリーナ・ジョリーとかかな…
 
 
んー。
んー。
 
えっと、これ「女優 40代」「有名女優」とかで検索しつつ、けっこう時間かけて考えたんだけど、どうしよう、収拾がつかなくなってきた。えと。うん。いっか。
あ、私はこの花こう思う、みたいなんあったら教えてくださいね。
 
なんか、美しいことよりも、色っぽいほうが難易度高い気がしてきた。
 
うめざわ
※石橋プチ情報:そういえば、日本酒を女優さんで説明する飲み屋が石橋にありますね。焼鳥のおいしい、あの燗さんです。かつてのたぬき屋さんですよ。日本酒がずらっと並ぶメニューに、仲間由紀恵倖田來未黒木瞳とかいろいろ書いてありました。たぬき顔したマスターの好みがうかがえます。