読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やどかり

昼のお星は目に見えぬ。見えぬけれどもあるんだよ、見えぬものでもあるんだよ。(金子みすゞ)

特効薬はありません。あるとすれば、麻薬です。

ひとつ、わかったことがあるのだ。

私にとっては、わりと絶望でもあったのだけれども、言ってもいいかね。
あのねだな、
 
 
 
特効薬はどこにもない。
あるとすれば、それは麻薬だ
 
 
これは、腹の底で実感すると、まじで愕然とするのだけども、
たぶんそうなのだわ。
 
 
なんでもそうだ、どこかに問題が起こると、
魔法のように解決できるなにかを、心のどこかでぜったい求めるのだよ。
 
でもね、それは、ない。たぶん、ぜったいに、ない。
 
もし、一瞬で問題を溶かすような劇的ななにかがあったとしたら、
それは長持ちはしないし、
へたすればそれに依存してしまうことになる。
 
もう、仕方のないことだわ。これは。
 
 
たとえば。
いま、楽しくない生活をしているとき。
その生活を変える劇的なものを欲するよね。
 
 
いい成績とれば、幸せになれるかもしれない。
仕事がもっとできるようになれば、幸せになれるかもしれない。
友だちがたくさんできれば、幸せになれるかもしれない。
綺麗になったら、幸せになれるかもしれない。
恋人ができたら、幸せになれるかもしれない。
 
 
なれません。
 
効き目があるのは、ほんの一瞬ですよ、それ。
ただの劇薬。
すぐ効果なくなるよ。
 
効き目がなくなると、また欲しくなるよ。
また手に入れて、でも、すぐきれて、
それがないと禁断症状がでて、
だからなんとかしてそれにすがりついて。
 
ふつうに、麻薬です。
依存症になっちゃうよ。
 
 
私もね、ずっと、ずっと欲しかったものがあって。
これさえあれば、ぜんぶ問題が解決するんじゃないかって思ってたものがあって。
類い稀なる幸運と多少の無理とのおかげで、それに見えるものが目のまえに差し出されたのだけども。
受け取れなかったね。
 

それを一瞬手に入れても、根本的に問題は何も変わらないなと気付いてしまったからかしら。

それに魔法の効力がないって、わかってしまったからかしら。
 
 
ほんとさ、なんでもいいけど、目のまえにある厄介な問題は、
自分の自然治癒力に頼るのがいちばんいい、と思うよ。
ていうか、それしかないんだわ、たぶん。
これ1錠で-10Kg!みたいな薬には手を出したらだめだ。副作用が大きすぎるから。
 
 
自分以外の何かが、自分を劇的に変えてくれるなんて、
そんなことはない。
ありえない。
 
はああ。
そうやって諦めるのは、とても悲しいのだけど。
たぶん、こう思っていたほうが、自分のためになるんだろうなと思う。
 
でもなあ、これはなあ。
たとえば、大阪から沖縄まで行こうとして、沖縄行きの飛行機をずーっと待ち続けたのに、「え?そんな便ありませんよ?」って言われた感じだわね。
あれ、新幹線は?それもない。車?私免許ない。
ん…?これは、鈍行&徒歩か…!?って途方にくれる感じ。
無茶だろって。
 
しばらく立ち尽くしてしまいそうだ。
 
うめざわ
※いま、窓際に洗濯した真っ白いふきんが8枚干してあるんだけど、このままオブジェにしたいくらいこの光景が好きだ。