読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やどかり

昼のお星は目に見えぬ。見えぬけれどもあるんだよ、見えぬものでもあるんだよ。(金子みすゞ)

おまえのお猪口

「おまえ」って書いてあるお猪口を見つけたんだ。100均で。

使い方を教えてほしい。

 

や、てづくりのさ、器とかにさ、自分の名前を書くのはあるじゃない。

でも、「おまえ」よ?

どうやってつかう?

ていうかなんで「おまえ」にしたん?

せめて一人称にしようや。「おれ」のお猪口ならまだわかる気がするんだ。

でも、持ち物に二人称を記すてどう考えてもおかしいでな。

 

二人称のものは、自分じゃ使えないのよ、わかる!?

自分が使った瞬間に、それは「自分のお猪口」になるわけでさ、

自分が使いながら「おまえのお猪口」って絶対言えないのよ。

自分が使うものはつねに「自分のお猪口」なわけで、

文法上、ひとりでは使い得ないお猪口だと思うわけさ。

ふたり以上いる場所じゃないと少なくとも使えない。

 

じゃどうやって使うん?あれ。

自分がお酒を飲みたくて、でも誰も付き合ってくれる人がいないときに、

「これ『おまえ』のだから、はい」って、目の前に差し出して無理に飲ますとか?

 

もしくは、みんながビールジョッキなのに、

「これ『おまえの』」っつって、お猪口でビールを飲ませる罰ゲーム的な用途とか?

 

いやここは、もともとの意味にもどって、神に供えるお酒のための器として使うとか?

 

まったくわからない。

まったくわからない。

 

「おまえ」のお猪口。

使い方わかった方は教えてください。

 

うめざわ

※しばらくfaceobokとの連携切ってました。facebookに出てこないときもわりとブログ更新しています。