読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やどかり

昼のお星は目に見えぬ。見えぬけれどもあるんだよ、見えぬものでもあるんだよ。(金子みすゞ)

ぜったい後悔するんだから

言いたいだけ

現状が嫌で嫌でたまらなくて、

嫌な気分に絞め殺されそうになったときは、

なにをしてても、そういう思いはするもんだ、って

思うようにしている。

 

どっちを選んでも、ぜったいに後悔はするんだ。

あっちにしとけばよかったってぜったい思うわけよ。

だってAを選べば、Aは現実のものになって、どれだけ魅力的なものだって、なにかしらは嫌な部分が見えちゃうわけだ。

でもでも選ばなかったBはいつまでも理想の綺麗な姿のままいてくれるからさー。

 

この世は決して100%の理想郷じゃあないからさ、

100%の満足なんてありえないんだけどさ!

90%幸せなだけでありがたいと思うべきなんだろうけどさ!

10%でもいやなもんが見えたら、90%も放棄したくなっちゃう、この潔癖さが邪魔だなあ。

 

うめざわ

※生きてる限り100%がないなら、あとはもう死ぬしかないじゃないって発想は素直なものだと思うのよね。

Amazon.co.jp: 頑張って生きるのが嫌な人のための本~ゆるく自由に生きるレッスン: 海猫沢 めろん: 本

「自由になりたいんだ」死んだ彼は、あの日そう言った―著者が今まで考え続けてきた「平凡な毎日」の受け入れ方。