読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やどかり

昼のお星は目に見えぬ。見えぬけれどもあるんだよ、見えぬものでもあるんだよ。(金子みすゞ)

花屋の白杖

言いたいだけ

耳の聞こえない先生から、手話を習っていたことがある。

 

授業の最中、趣味は?と問われて、生徒が順繰りにつたない手話で答えていった。

「読書です」「スポーツです」「絵を描くことです」

私はとっさに「音楽を聞くこと」と答えてしまって、自分でひどくうろたえた。

まずい。まずいぞ。

 

でも先生は、にかっと笑って手で言ったわけだ。

「私たちも和太鼓のコンサートが好きです」

 

 

もうひとつ。

 

白杖をついている方がいて、知人が声を掛けたのだと。

「どちらまでですか?」

そしたらこう返ってきたと。

「むこうの花屋です」 

 

 

 

うめざわ

※触れる絵っていうのがあるみたいなのよね。モナ・リザとかの名画を凹凸で表わしたもの。アナウンス日誌|NHK さいたま放送局