読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やどかり

昼のお星は目に見えぬ。見えぬけれどもあるんだよ、見えぬものでもあるんだよ。(金子みすゞ)

どこかってどこよ

私が読み返したいもの

 

どこかに行く、ってことが、

もんのすんごく重視されているような気がして、

とても違和感があるのだ。

 

旅行先で急かされると萎える感じだ。

 

時間ないから、こことこことここ行こうよねえ早く行こうよ!

おいおい、なんでそんなに焦るのだ。ゆっくりしに来たんじゃなかったっけ。

もったいないじゃん早くどっか行こうよ。

 

どっか行こうよ。

 

それって、ここにいるってことを、すごくないがしろにする言葉なのだよね。

ここにいるよりも、どこか、なにか素敵なものがあるところで過ごす時間のほうが価値があるっていう意味で。

 

なんか、へんだなあと思うのだ。

そうじゃないと思うんだけどなあって。

うまく説明できないのだけど。

 

ここにいたっていいじゃないか。

近くに観光名所があるのにもったいないっていうのかもしれないけど、

宿でぼーっとする時間がもったいないかどうかは、あなたが決めることじゃない。

堂々と、ぼーっとしたらいい。むだな時間ってないと思うんだけどなあ。

 

いっつも、次どこ行こう次どこ行こう、

そればっか考えなくても大丈夫だよ、と思うんだ。

 

うめざわ

※自分がいるのがここで、ここにしかいられないんだから、ここではないどこかって、ほんとうはないんだけどな