読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やどかり

昼のお星は目に見えぬ。見えぬけれどもあるんだよ、見えぬものでもあるんだよ。(金子みすゞ)

いつまでもあると思うな古い店

地域とかコミュニティとか

 

何十年前から、ずーっと変わってなさそうで、

いつ見ても変化のないふるーいお店でもさ、

やっぱり生き物なんだ。

 

いつかはなくなる。

 

自分が知ってるときから古いもんって、

そこからさらに老いていく姿があまり想像できないのだけど、

平等に時は流れるのだ。

古いもんもさらに老いる。

 

いままでずーっとあったから、

これからもずーっとあるわけじゃない。

 

町の主みたいなお店でも、

生きている人間が、毎日何十年も開けていたんだなあって、

お店がなくなってから気づくわけです。

 

ここ最近多い。

あの店なくなったんだ!てよく驚く。

そして、一度も中に入ろうとしなかったことを少しだけ悔いる。

いつまでもあると思ってたんだけどな。

 

うめざわ

※石橋を歩く人ならわかるでしょう、立ち飲みというか、路上飲みのようなお店、ポポノタン、本日21日で通常営業終了だそうです。ふつうの商店街の一角で、ドアもなにもないところで、簡素な椅子と机で夕方からたのしそうにビール飲んでる人たちを見るの、好きだったんだけどな。