読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やどかり

昼のお星は目に見えぬ。見えぬけれどもあるんだよ、見えぬものでもあるんだよ。(金子みすゞ)

いつか、必ず、終わるんだけど

そこにあるのがあたりまえ、は残酷だわ。

 

「そうそうこの景色なんだよ、もう10年ぶりかあ」とか、

「あーあの頃思い出すわ、え、あれ中1のとき!?」とか、

何年も何十年も変わらずそこにあり続けてくれるもの、

みんなそれぞれがもっていると思うんだ。

 

学校の校舎、たまに帰る実家近辺のさびれた景色、あのとき通いつめたお店。

 

それを前にすると、

「なつかしいなあ、ぜんぜん変わってないわ!」

「いやあ、互い年取ったねえ」

って自然と懐かしむ場所。または人。

 

そういうところには、昔の自分のかけらが残ってるんだよね。

あのときの私を覚えててくれる感じ。

 

自分にとっては、今の自分も昔の自分も大切なものだから、

あのときの自分が残ってるところは、すごく愛おしいものなんだけど。

 

それはずっとあり続けてくれるもんじゃあないんだ。

校舎だって生徒がいなけりゃ廃墟だし、さびれた風景だって誰かが掃除してるし、お店だって人が来なけりゃつぶれちゃう。

 

あたりまえの光景は誰かが毎日守ってくれてるんだ。

だから、その誰かがいなくなったら、それはなくなっちゃうんだ。

その誰かだって、私と同じ人間なんだから、食べるためにお金もいるし、病気になったら働けない。いつまでもそこにいてくれるわけじゃないんだ。

 

あたりまえだと思ってたんだけどね、そんなことはないんだよ。

ぷつんと、終わるのです。

 

うめざわ

※学生時代とってもお世話になったお店が、4月末で閉店。卒業してからほとんど行ってなかったくせに、なくなると聞けば飛んでいく。このお店がない石橋なんて考えられなかったのに。

Bar葛Katsuraさん、いままで本当にありがとうございました。