読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やどかり

昼のお星は目に見えぬ。見えぬけれどもあるんだよ、見えぬものでもあるんだよ。(金子みすゞ)

バイリンガルにはなれないけれど

端的に言って、くそやなと思うことがあったわけです。

 

って書き始めて、自分でうわーってなった。このことについては、「くそやな」としか言えないんですよ。これに驚いてしまった。感情的な語彙については、ずいぶん関西弁が幅をきかせている。

私は両親ともに東京生まれ東京育ちのかんぜんな標準語ネイティブなのだけど、感情的にしゃべるとわりと関西弁に侵食されるわ。

え、これ私がずっと東京にいたら、「最悪」とか「ありえない」とかって言うのかしら。「まじ最低」って言ったのか? ちょっと想像ができないぞ。「ほんまないわ、むっちゃ腹立つくそやでほんま」のほうが今はナチュラルかもしれない。こうやって母語を忘れていくのかしら。使える言葉が増えるのはとてもおもしろいけれど、かすかな寂しさがちょっとある。

 

うめざわ