読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やどかり

昼のお星は目に見えぬ。見えぬけれどもあるんだよ、見えぬものでもあるんだよ。(金子みすゞ)

私は許してあげるけど他の人には…話法

今日の重要フレーズ:

「私はいいけど、そんなに言い方、他の人にはしないほうがいいよ」

 

例文:
「もう一度会えませんか」
「無理」
「私はいいけど、そんな言い方、他の人にはしないほうがいいよ」

 

基本文法:
「私は許してあげるけど、他の人にするのはやめたほうがいいよ」話法。

 

効果:
相手のふるまいによって傷ついたりプライドが折られたことを隠蔽しながら、相手のふるまいを一般的にしてはならないことと断定することで、一般的にはとがめられるようなことを許す寛大さ、正しい振る舞い方をあなたのためにわざわざ教えてあげる慈悲深さ、さらには正しい振る舞い方をあなたより知っている社会性の高さをまき散らすことができる。
自分ひとりが雲の上の神ポジションに急上昇することで、相手が相対的に未熟な人間に矮小化し、さらに優しさと余裕のあるふりをしながら相手を諭すことで、「あ私が悪かったんだ」と相手の罪悪感を刺激して完成。

 

解説:
いつの間にか一対一の人間同士ではなく、社会の代表者vs未熟者の関係性にすり替えられるのが特徴。社会規範を盾に完全防御しながら相手を攻撃できるので、自分にうしろめたいことがあるときなどはとくに便利。真面目で、自分を責めがちな人を攻撃する際に最適。

 

応用:
「そんなことしてたらみんなに嫌われるよ」
「社会に出たら通用しないよ」
「ここでならいいけど、社会人としてはねえ……」

 

うめざわ

※ものすごく卑怯でものすごく便利。YouTubeのコメントで、「今のままでも可愛いけど、『自分可愛い』って鼻にかけてるのをやめれば、もっと可愛くなるよ^^」っていうの見つけて、口あんぐりしたんだ。ここまで進化できる。