読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やどかり

昼のお星は目に見えぬ。見えぬけれどもあるんだよ、見えぬものでもあるんだよ。(金子みすゞ)

わからない

いまこうやって私が生きている世界に雨宮まみさんがいないっていうのが、ただ単純に信じられない。いやいや訃報って、ネットのデマはほんとにタチが悪いなって一瞬思ったのに事実だった。どういうことなの。ニュースに顔写真がいっぱい出てるけど、これをどこで撮ったかもどう思ってるかも知ってるし、倒れていたらしい自宅の写真も本で見てるし、途中の連載だっていっぱいあるのに、死に向かって老いていく心境についても教えてほしかったし、会ったことは一度もないのに、勝手に知り合いのお姉さんくらいの位置づけで雨宮まみさんを想像していたからこんなに動揺しているんだと思う。さいきんちょうど、雨宮まみさん自身が一番よく書けたって言ってた『東京を生きる』を読んでいて、そのなかではあまりにもかっこいい女の人が堂々と東京で生きていて、これは雨宮さんにとにかくすごかったです、って言いたい、雨宮まみさんエゴサーチよくしてるから拾われるようなタイトルに入れて感想でも書こうって思っていたのに、もう届く可能性は微塵もない。なんで。わからない。

東京を生きる

東京を生きる

 

 うめざわ

WEB連載 : 40歳がくる! 雨宮まみ vol12

この連載ほんとうに楽しみにしてた。