読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やどかり

昼のお星は目に見えぬ。見えぬけれどもあるんだよ、見えぬものでもあるんだよ。(金子みすゞ)

さよなら正月、また来年。

気づいてしまったんだけど、私、正月、嫌いじゃない。

とくに三が日のあいだ、街はしーんとしてるのに、歩いたら民家のしめ縄がたくさん見えて賑やかなんだ。家の外に飾りがあるのがいいよね。よその人も楽しませてくれてさ。
役所とか百貨店とかも同じだ。門松っていうか、でかいフラワーアレンジメントみたいなのがあってそれもいい。金かかってんなーと毎年思うけど、豪勢なもの見ると単純にうわーーって興奮する。すごいよ。
神社に行けばふだんは飾っていない榊の葉とかがあって、小さいところはほどよいお祭り感に、ほどよい参拝客。いいね。初詣だね。

クリスマスにはね、文句つけたくなるんだけどさ、お正月はうん、嫌いじゃない。なんでだろな、クリスマスは押しつけがましいからかな。やたら失恋クリスマスソングを流してくるし、プレゼント買え買え言われてる感じで、街全体がうるさいな。街全体がうるさいわりに、内輪感あるし。仲間内でしか楽しめないじゃない、クリスマス。だいいち、11月入ったらクリスマスがそわそわしだしてさ、長すぎるよ。ねえ。

その点、お正月は潔い。12月の25日までは、ひそんでるんだもの。ささ、おまえさん、いいんだよ派手にやっといで、あたしはここで待ってるからね、遠慮するこたないわ、ささ。いいね、その度量。日本古来のお正月を差し置いて、新参者のクリスマスが我が物顔ではしゃいでても、じっと待つ。えらいねえ大人だねえ正月は。

そして、クリスマスが派手に飲み散らかしているころ、お正月はひそかに準備をしていて、26日朝になるとすっと登場する。百貨店もスーパーなんかは、一気に紅白模様とお琴だ。サンタよさらば。
でも正月がえらいのはここからだ。26日まで、新年の 6日前まで待たされても、まだ出しゃばらない。年があけておりませんので……と遠慮がち。慎ましいじゃないかあ、立派だねえ。

ようやく登場しても5日間静かに過ごして、大晦日は除夜の鐘なんかついちゃって、煩悩の数なんか数えちゃってさ、日本中を厳かな気分にしてさ。そして、今か今かとみなが秒読みして、3・2・1!おめでとう!わー!きゃー!パンパーン!ぴょんぴょーん!(イメージ) 一気ににぎやかだ。いいね、静と動。ゆく年くる年。こたつとみかん。そう、こうでなくっちゃ。

ああお正月も今日までなのか、と名残惜しんでいたら、スーパーからはもう去っていた。バレンタイン、あの人は傍若無人だからねえ。自分がモテてるんだと勘違いして、こんな時期から大騒ぎよ。あーあチョコレート臭ぷんぷん。あんなの気にすることないのに、もう。相変わらず気弱なんだからおまいさんは。

 

うめざわ
※噛むたびに右顎がミキミキカコカコする。歯医者へ行くべきだろうか。