読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やどかり

昼のお星は目に見えぬ。見えぬけれどもあるんだよ、見えぬものでもあるんだよ。(金子みすゞ)

真のころしや

公園で叫ぶ少年。
「それを言うなら、『ロシアのころしや』やろ!」
「この7年間、おれがどれだけの虫ころしてきたか。おれ『虫のころしや』っていわれてるんや」

殺し屋って言いたかったんだね。それにロシアと虫をつけるとは、ぼうや、センスがいいな。

ロシアのほうはとってもリズミカル。
♪あロシアのころしや おそろしや♪(あよいしょ!)
よれよれの浴衣でよっぱらったおっさんがいい気分で手拍子してるイメージですね。

虫も、殺戮対象がずいぶんとハンディでつつましい。
さらに言えばころしや歴自称7年だけど、きっとそれ経歴詐称。せいぜい2、3年でしょ、ね、少年。
ああかわいらしいころしやさんだこと。

……ハッ! ま、まさか、「殺し屋」をかわいらしく、つまり殺し屋のアイデンティティである恐ろしさを完全に殺して、自分の身の丈にあった「ころしや」へと変えてみせたあの少年こそが、真の殺し屋……うっ(忍び寄るころしやに撃たれて絶命)

 

うめざわ