やどかり

昼のお星は目に見えぬ。見えぬけれどもあるんだよ、見えぬものでもあるんだよ。(金子みすゞ)

弁当の社会性

あー、いいわ。つかれたときは、食べものの本に限る。今日はこれ『おべんとうの人』

自分が自分のために作るごはんって、ものすごくプライベートであまり見られたくないものだけど、お弁当はぎりぎり見せられるじゃない。他人のいるところで広げる前提だからさ。ひとかけらの社会性をまぶしたナマの生活。それがお弁当ですよ。見せるためのお弁当はつまんない。日々のお弁当は、もっともっとなまなましいものであってほしい。

 

うめざわ

今日もおやすみー

ここ1週間はイレギュラー案件ばかり。ずっとそわそわ、いつもふわふわ。

うめざわ

※夜明け前の京都にて、城のまわりをランニングするお坊さんとすれちがったり、愉快な日々ですよ。

速さはださい、遅さがえらい

いつのころじゃったか、
「速い」は贅沢品じゃったのだよ。
ファーストフードがおしゃれだったのじゃ。
はやい、やすい、うまい、じゃの。

「ゆっくり」は、ださいもんじゃった。
毛嫌いされとったで。
土をいじって食べものを調達するなんて、
そんなんは田舎の暮らしじゃ。

けどのお、
いまは「ゆっくり」が高級品になっとるのお。
かっこよかったコンビニ飯も、
いまは労働者のものなんじゃろ。

手間ひまかけてゆっくりとていねいにするのが、
豊かでおしゃれな暮らしになっとるようじゃの。
流行っていうのはわからんもんじゃのお。

 

うめざわ

※ていねいなくらしていねいなくらしていねいなくらしていねいなくらし

今日もおやふみ

ねこと肌を寄せあって、愛を育むわけではなく、暖をとりあう冬がやってきました。ああ毛むくじゃらでほよほよの湯たんぽよ。椅子に座ればかならず飛んできてくれる高性能湯たんぽよ。ずっと抱いてても低温やけどしないしね。お湯も電源もいらんしね。エコで安心安全。みんな冬はねこであったまろう。

 

うめざわ

※さー、ねこ用意して寝るぞ

今日もないよ

ばたばたしておるのお。そういうときは黙って風呂。とっとと寝る。

 

うめざわ

誕生ありがとう

UNIQLO 33周年 誕生感謝祭」の文字列を見る。やっぱすごいよユニクロ。誕生感謝ってことばあったか、今まで。ふつう言うなら「33周年記念セール」じゃない。そこを店の「誕生」と見立て、さらに自分が誕生したことを客に「感謝」するって相当アクロバティックよ。「誕生おめでとう」が反転するだけで「誕生ありがとう」という斬新な姿勢に。

 

うめざわ

※産んでくれてありがとなマイマザー、みたいなラップ的価値観(偏見)ともこれはちょっと違う気がするし。

※けども、考えてくるとこの言葉は危険なものにも思えてきた。「〜させていただく」文化の延長にあるかもしれん。お仕事させていただく、服をお売りさせていただく、店を誕生させていただく…!

 

 

今日もやすむぜ

電球色を求めて3000里。白い光はあかんのや。ワイは電球色がすきなんや。LEDよお、君らやりすぎやで、電球の出番もちーとは残してやりなや。

 

うめざわ

※電球のあかりを求めて電器屋をハシゴ。そして玉砕。ようやくリサイクルショップにて生き残りに出会い涙の抱擁