読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やどかり

昼のお星は目に見えぬ。見えぬけれどもあるんだよ、見えぬものでもあるんだよ。(金子みすゞ)

今日はおやすみ

通りすがりのおじさんsaid「シンゴジラ見た?あのガマガエルみたいな人」

 

うめざわ

 

真のころしや

公園で叫ぶ少年。
「それを言うなら、『ロシアのころしや』やろ!」
「この7年間、おれがどれだけの虫ころしてきたか。おれ『虫のころしや』っていわれてるんや」

殺し屋って言いたかったんだね。それにロシアと虫をつけるとは、ぼうや、センスがいいな。

ロシアのほうはとってもリズミカル。
♪あロシアのころしや おそろしや♪(あよいしょ!)
よれよれの浴衣でよっぱらったおっさんがいい気分で手拍子してるイメージですね。

虫も、殺戮対象がずいぶんとハンディでつつましい。
さらに言えばころしや歴自称7年だけど、きっとそれ経歴詐称。せいぜい2、3年でしょ、ね、少年。
ああかわいらしいころしやさんだこと。

……ハッ! ま、まさか、「殺し屋」をかわいらしく、つまり殺し屋のアイデンティティである恐ろしさを完全に殺して、自分の身の丈にあった「ころしや」へと変えてみせたあの少年こそが、真の殺し屋……うっ(忍び寄るころしやに撃たれて絶命)

 

うめざわ

風呂場のカビをこすりながら

は?なにしてんの?オレぜってー変わんねえよ?ここにいたいんだっつーの。何言ったって無駄だかんな。ぜってー動かねえよ。うせろ。

こすっても落ちない頑固な汚れ。おまえなんかおまえなんか、片栗粉とハイターをまぜまぜして作った漂白剤ペーストできれいさっぱり掃除してやるんだからな、覚悟しとけよ。

 

うめざわ

※なんかただの生活お役立ち情報だけど、水場のカビには片栗粉で粘度を出した漂白剤が一番かと。そして油汚れにはセスキ水…(こんな昼間のワイドショーみたいなこと言いたくないんだが、めちゃめちゃきれいに落ちるんだこれ)

一輪車とヨガマットの女たち

長い髪をなびかせて、颯爽と歩道を駆けていく女性2人組。ひとりの肩にはヨガマット。なんてアーバン。

さすがに若々しかったわ。だって一輪車乗ってたし。もうぴっちぴちの年齢1ケタ代の方々だったわ。ピンクと水色の一輪車までまぶしい。(ヨガマットはえんじ色。ちょっとおとな)お二人はなかよくしゃべりながら駅の方に向かっていきました。

 

うめざわ

※一輪車って小学生女子限定の乗り物だよねえ。乗り物っつうかおもちゃか。久しぶりにっつうかもう15年ぶりとかになるんだけど、乗ってみたい。けど、どこでどうすれば。

のめない

え、まじか、いやこれまじむり、なことを考えている。でもこれ逃げるわけもいかない。

「のみこむ」っていうのは、すげーむずい。のみこめない。やだもん、受け入れたくないんだもん。むりむり。

「あじわう」だって、やだわ。こんな気分、感じたくないわ。

「口にふくむ」だけだから、と思っても、もう舌にふれた瞬間に吐き出したい。

くっそう。でも、げーげーしながら、のんでやる。

 

うめざわ

※まだまださむい。こたつこたつ。

公園にて

指のないハトに会う。

 

うめざわ

※トリの足の、あの3本の細いもの、カギ爪がついてるやつね、あれ指でいいのかな。

たまに食べたい発作が起きる

焼いてパリッ 揚げてカリじゅわ 茹でてつるん どうやったって餃子最高

 

うめざわ