読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やどかり

昼のお星は目に見えぬ。見えぬけれどもあるんだよ、見えぬものでもあるんだよ。(金子みすゞ)

娘の誕生日だから休みます

居酒屋のシャッターにA4コピー用紙。
太字油性ペンで走り書き。

 本日(5/29)は、娘の誕生日だから
 お休みを頂きます。
 娘には甘い店主より

今晩はお父さんが腕を奮ったのかしら。
そんなことはしないか。


小学生とか、もっと小さかったら、
「パパの土瓶蒸し、食わしたる!」
ってお父さんが張り切って、奥さんに止められそう。
「あのこ土瓶蒸しなんか食べないわよ」

反抗期前くらいだったら、
娘さんが「ファミレスいきたーい!」とか、外食をねだりそうだなあ。
そしたら料理人のお父さんはちょっとつらいかなあ。
でもいいのか、「おお、こういうデミグラスハンバーグを喜ぶのか…」とか
新たな発見でもするかね。

それ以上の歳だったら、娘のお祝いができることだけで
父は喜ばねば。

今晩、どこでお祝いしたんだろう。
想像するだけでうれしいねえ。
娘さんもお父さんも、おめでとう。

 

うめざわ

※はぴば!

日常生活はジャマなもの?

日常生活ってジャマなものなのかしら。

「ごはん作っててえらいね」
「洗濯めんどくさくない?」
「掃除しなきゃーやだわー」
っていう言われるたびに、あれれと思うのだけど、
私は家事が好きだ。

あんたはひとり暮らしだし、ぜんぜん忙しくないし、
だからそんな悠長なこと言えるんだ、って言われるかもしれないけれど、
でもでもやっぱり、「暮らす」を「働く」のオマケにしておきたくはないんだ。

家事は、仕事の時間と気力を奪う害悪だっけ。
そもそも、働くために生きてるんだっけ。

「生きる」という大きなマルがあるとしたら、
そのなかに「暮らす」も「働く」も同じくらいの大きさで描きたい。

 

うめざわ

※やっぱり何かに怒っている。

クッキー×スイカ

よろよろと駅のコンビニ迷い込み

スイカクッキー買い求める夜

 

うめざわ

※ミスターイトウのチョコチップクッキーでした。ほんとにスイカ味のしたわよ

リンゴはナニゴ?

 

父 :なぞなぞだしたろ。ストロベリーはナニゴでしょうか?
息子:イチゴ!
父 :ぶー。エイゴや。
息子:えーずるい!!

父 :ほな、リンゴはナニゴ?
息子:にほんゴ!
父 :ちゃうで、リンゴはリンゴや!

大人気なくドヤ顔の父氏。むすっとした息子氏。しずかに父のかばんに手をつっこみ、折り紙を取り出し、鶴を折り始めました。阪急電車にて。


うめざわ

※りんご、さすが。大学あるわ。めっちゃ勉強できる。

りんご大学 りんごのことなら、りんご大学

今日はおやすみ

うちのパキラさん、4月までは半年以上12枚の葉っぱだったのに、5月に入って+6枚。脅威の伸び率。1ヶ月で+50%の成長。このままの大きくなり続けると、来年には部屋中がパキラさんに埋め尽くされているかもしれない。

 

うめざわ

 

雨の日にはベーコンを

世界の見え方を一変させるのが、知識というもの。

先日、TEDの動画を見たんです。
「映画のなかでは、雨音はベーコンを焼く音」
で表現されていると。
あー、良からぬことを聞いてしまったぞ。

ほら、今日雨じゃないですか。
つまり、ベーコン音ですよね。

靄がかかるほどの幻想的な大雨も、
しとしとと艶っぽく続く長雨も、
かすかに煌めく霧雨も、
ベーコン音。

ジュワーーーぱちぱちぱちジューーー
ああ、豚のアブラが焼ける。

映画のなかで、窓の外の雨空を見てしっとりと物思いにふける美女だって

あれベーコンの音聞いてるだけなんだよ。


うめざわ

※皆の者、このTED Talkを見るがよい。そして、ともに、雨音をベーコン音に変換しようではないか。

タソス・フランツォラス: 映画で耳にする音は全て嘘でできている | TED Talk | TED.com

卵焼きを作らない方法

お椀を出す。卵を割り入れる。まぜる。めんつゆを入れる。まぜる。お椀を落とす。しばし佇む。キッチンマットを眺める。流れ出る黄色を観察する。雑巾を探す。諦める。キッチンマットをまるめる。洗濯機に放り込む。台所に戻る。お椀をひろう。蛇口を開く。黄色を流す。できあがらない。

うめざわ