読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やどかり

昼のお星は目に見えぬ。見えぬけれどもあるんだよ、見えぬものでもあるんだよ。(金子みすゞ)

掃除はぜったい間違わない

食器洗うのとか、洗濯物干すのとか、掃除機かけたりするのは、

わりに好きなんだけど、

それはただ「きれいで気持ちいい!」ってだけじゃなくて、

「ぜったいに間違ったことしてない感」が心地いいのはあるんだよな。

 

気持ちいい感覚を味わいたいなら、お菓子食べたり、昼寝したりするのもいいんだけど、それだと罪悪感があるじゃない。

「ああ食べちゃった」「こんな時間に寝ちゃった、夜しんどいわ」とか。

 

でも、掃除に関しては、それは絶対ないのね。

自分のいる空間をきれいにするのは、ぜったい悪いことじゃない。

誰がどう見ても正しい。

 

もうなんにもしたくない、どうしようもない、もう駄目だって思ったときにでも、

掃除はできるのよね。

八方ふさがりに見えても、できることがあるのよね。

で、いいことした気分にもなるし、空間が整うと心地いいしね。

いいんですよ、お掃除。

 

うめざわ

※散歩も私にとっては、「ぜったいに間違わない、いいこと」です。日に当たるし、体動かすし、遠く見るし、どことっても悪いことはない。