読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やどかり

昼のお星は目に見えぬ。見えぬけれどもあるんだよ、見えぬものでもあるんだよ。(金子みすゞ)

今年の目標

日めくりを毎日めくる。 1月の成績:16勝10敗5分(注:実家に帰るなど、自宅にいなかった日は引き分けとする) 初戦、6連勝から始まるいいスタートだったが、後半に息切れ。圧勝が見込まれたものの苦しい戦いに。選手は「もっと勝てるはずだったのに、ちょっ…

りっしゅーん

立春大吉という言葉を初めて知る。が、宗教的な伝統行事みたいなものになるとインターネットは調べるのに適さないねえ。まともそうな情報が見つからないので、言葉だけ書き残して覚えておくことにする。 うめざわ

聞くんじゃなくて、見ないとだめだ

言葉を聞きすぎた。真に受けすぎたというべきか。 聞くだけで安心して、目、つぶってたなあ。 重視すべきは、それよりも行動だった。 最近わかったのは、自分の言葉に酔っぱらったままの人が多いってことだ。「みんなのためだよ〜」「きみのためだから〜」と…

みんな知ってるポッキーだから

いまコンビニから帰ってきてびっくりしてるんだけどさ、ポッキー、Sukkyとかあるのね!? Loveckyとかさ!? 棚に2面ポッキーが並んでてさ、左がSukky、右がPocky。びっくりした。堂々と商品名を変えて、パッケージに印字されてるなんて。キットカットに、き…

ファッショナブルな毛糸たち

毛糸って、おとなしくて地味な印象じゃないですか。ほら、毛糸といえば、古くから暖炉のそばのロッキングチェアでゆらゆらしながら、なぜだかめっちゃレンズの小さいメガネを鼻のうえにひっかけて、編み棒を静かに動かしている(そして毛糸玉に犬か猫がじゃ…

地味な災難

爪が割れたり、網戸が剥がれたり、舌を噛んだりしている。どれも地味だが、意外と厄介。舌噛んだのがいちばん痛い。まだ痛い。(爪はマニキュアで、網戸はガムテープで対応中) うめざわ ※あ、この本たいそうよかった。線画のマンガ(韻踏んだ) 線が気持ち…

今日はおやすみ

1日で原稿用紙何枚分の文字見てるんだろうなあ。 うめざわ

コップが増えましたという報告

またコップが増えた。増殖が止まらない。もちろん彼らが無性生殖で増えているわけではなく、私がちゃくちゃくと外から連れて帰ってきている。こう書いて、おそるおそる食器棚のコップ類を数えてみた。無印良品の瑠璃色のグラス2つ、無色透明なスタッキング&…

そう、たかが自己評価

「たかが自己評価」という言葉を聞いた。これ、一文字ずつA4の紙に印刷して、壁に貼りたいくらいいい言葉だ。 そう、たかが自己評価なんですよ。「自分はだめだ」「自信がないんです」っていう人に対して腹が立つのは、「自己評価低いんです」っていう自分の…

らくちんしゅーまい

しゅーまい、作れるんだねえ。このまえ作ったけど、たいそー簡単だった。工程的にはぎょーざが近いけど、ぎょーざより楽。 豚ひき肉にみじんぎりの玉ねぎ(片栗粉まぶして)と、あと調味料(鶏がらスープの素とか)をいれて、ぐにぐにこねる。こねたら、スプ…

しかも7文字だからこのまま上の句になる

だめだ、和菓子について調べてたのに、「ぬばたまの松崎しげる」ってワードが目に入ってしまったもんだから電車のなかで小刻みに震えてる。 うめざわ

たい焼きが大好きだという作文

たい焼きは完璧だ。どう考えても、ふだんのおやつにはあったかいたい焼きがいい。気安さと必然性と非日常感の奇跡的なバランス、完璧です。 まずさ、手でつかんでかじれる。いいよね。ふだんのおやつだもん、ナイフとフォークでしずしず、もしくは黒文字とお…

名前は蛙を語源にするようだけれど

初めて見たとき、なんだこれはとびっくりした花がラナンキュラスでした。ピンクと黄色の。 だって、あんなに花びら一枚ずつがわかりやすくグラデーションに染まってる花、ほかにありますか。裏と表の色がぜんぜん違うし。花びらの内側は薄い黄色で、外側がピ…

ぬるぬるの文学フリマ

先日、文学フリマなるものに出かけた。あのねえ、異様にぬるぬるした空気だったの。 会場に入って、う。ちと退散。廊下に戻る。息を整える。まずいぞ。 きっと私は、コンビニ的買い物に慣れすぎたんだと思った。ただ商品をつかんでそれをレジに持っていって…

秘技・24時間寝過ごす

無断欠席の言い訳として、「24時間寝過ごす」というのを耳にする。 「昨日また休んだな、また寝坊してそのまま来るのめんどくさくなったんだろ!」 「え昨日? 休んでませんよ? あれ、今日木曜日? 水曜日じゃないんですか! ……もしかしたら僕、火曜日の晩…

書き起こし:にゃんにゃんは魔法のことば

ええか、にゃんにゃんはな、魔法のことばなんやで。にゃんにゃんさえつけておけば、おっちゃんがなーんでも叶えてくれるんや。せやろ? おさけのみたいんです、にゃんにゃん。おかねほしいんです、にゃんにゃん。これでかんぺきや。君らの会社のおっちゃんも…

今日はおやすみ

水が綺麗でほれぼれする。ガラスの透明なコップに水。眺めるだけでうっとりできる。 うめざわ

私じゃないならどうするよ?

あの人に連絡しようかなあ、怒ってるかなあやめといたほうがいいかなあ、いやでもメールくらい、うーんいっそ電話、あーでも。はいストップ。悩み始めたら、まず唱えよう、「私じゃないならどうするべ?」 そうです、友人から自分に「あの人に連絡しようかな…

用法・用量を守って正しく飲むべきでした

毎日鉄剤を飲んでいる。昨日のことだ。夜の分を飲もうとして、朝飲み忘れたことに気づく。2錠一度に飲む。あれ、ずいぶん残ってる。そうか、その前も飲んでないな飲まなきゃ、と思ったときには2回ぷちぷちとアルミを破り、さらに2錠を飲んでいた。通常量の4…

今年も臭くなってきたねえ

太田光の本のなかで「冬が寒くなるんじゃなくて、臭くなるんだとしたら」というコントを作ったという記述を見つけてから、寒いのと臭いのどっちがいいか真剣に考えている。(ちなみに、「夏は痛くなる」だった気がする) うめざわ ※こちら。 しごとのはなし …

今日はおやすみ

HIRO COMPAI HERO CAMPAI 似てるね。どうでもいいね。 うめざわ

二人称、ちゃんと使える?

二人称を使えない人がいる。いつも、「私」が何をしたかか、「彼・彼女」が何をしたか、そのことだけを話す。「あなた」はどーお?げんき? それが言えない人。私が言いたいだけで、目の前の人には興味はない。聞き手は相づちマシーンになる。そうするとその…

耳と口の相性はわるい

イヤホンしてもの食べると、味がわからなくなる。……だよね? うめざわ ※さみーーーなーーーーーーーー

『壇蜜日記』がとてもいい

日記は盗み見るから面白いのであって、読まれる前提で書かれた日記なんて、キメ顔ばっかりの自撮りアルバムと同じ、SNSにひそむハイエナだって食わねえよと思ってたんだけど、あった。面白い日記。『壇蜜日記』これはすごいぞ。 私が日記と呼ぶのは、「その…

雨のアスファルト

家のまわりの地面が新しくなった。真新しくて、真っ黒で真っ平らなアスファルト。大雨が降った日、それは鏡になっていた。傘をさした私が地面に映る。黒々と艶めいた鏡を踏みしめて歩く。プチ、というか極小というか、なんちゃってウユニ塩湖体験。気分よか…

くわいのめーさんちー♪

年の暮れ、つきあいの長い友人とスーパーに行った。友人は店入るなり「あ!くわい(喜)」「う、中国産や(悲)」と悲喜こもごも。聞くと、友人の生まれ故郷は日本一のくわいの生産地らしい。知らなかったよそんなの。地元のや!と思ったら中国産だったので…

混ぜたらだいなし

淹れたてのあっついコーヒーと、冷たい牛乳。お盆にふたつのカップを並べて、あつくて苦いのと、冷たくてまったりしたのを交互に飲むのがさいきんのお気に入りです。でもこれ、あれか? コーヒーをチェイサーで飲んでるってことになるのか? いやでも、目の…

「まじめだね」って、褒めてるの?

「まじめ」って、「やさしい」と肩を並べる万能な褒め言葉だとなんとなく思ってきたけど、違うね。これ。むかしは、恋愛・結婚の文脈で「まじめな人がいい」って結構言われてた気がするんだけど、今そんなこと言う人いるのかね。いやさ、いないんじゃないか…

弱肉強食

おみやげにもらった立方体のカステラには焼印が押してあって、クマがペンギン抱えてた。丸太をかかえるように、左腕で直立姿勢のペンギンを。どうなるペンギン!? 果たしてペンギンの運命はっ!? と心配しつつ、カステラを喰らう。おまえらまとめてワイに食わ…

さよなら正月、また来年。

気づいてしまったんだけど、私、正月、嫌いじゃない。 とくに三が日のあいだ、街はしーんとしてるのに、歩いたら民家のしめ縄がたくさん見えて賑やかなんだ。家の外に飾りがあるのがいいよね。よその人も楽しませてくれてさ。役所とか百貨店とかも同じだ。門…

むずしかい誤植

キーボードで文字打ってるとさ、並びかるえの難いしね。これたいんへなのよ。いちいち考えきゃなけいなてく。いっんた正いしの打ってらか消てし書ていいる。誤植のうほが手間かがってる。活版印刷ならあえりただうろけど、今こうよのな誤植は珍いしのはでい…

直し方がわかれば、壊せる

たぶん私は洗い物がすきで、コップとかお皿とか鍋とか使うたびに即洗うので、日に何度も皿洗うのです。だけど、今ほら冬じゃないですか。水冷たいじゃないですか。お湯で洗ったりもするけど、最後はなんとなく冷たい水で流したくって。そうするとお皿はキン…

ゆで汁じゃなくて、だしと言いたい

いやさ、鶏肉ほんとおいしいよ。ほら、酉年だから胸張って言おう。鶏肉うまい。こちこちのむね肉をレンジでなんとなく解凍して、そのまんま圧力鍋にイン。水ばーって入れて、今日はひからびかけた長ネギとだし昆布入れて、塩ふって、ふたして火にかける。10…

ゆるやかに生まれて、ゆるやかに死んでいく

0歳から12歳までの私の写真をはじめて見たんです。レポート用紙に貼って、それを紙の2穴ファイルに綴じたアルバムが3つ。そこに私の写真はたくさんあった。 大人用の枕をベッド代わりにして、まんまるの目を見開いた私とか、押入れにもぐってる私とか、その…

年に1度が80回

お正月にしか会わない親戚っていると思うんです。そういう人たちって、距離感がつかめなくって面倒だったりするけれど、気づいたのです。この人たちとの付き合いは私が生まれるか、あちらが生まれたときから始まっていて、きっとこれから先もどちらかが死ぬ…

山盛りのおめでとう

あけましたねえ。 そりゃ、あけますねえ。時間とまらないものねえ。 いいね、こちらは何もしないでテレビのまえに座ってただけなのに、気づいたらおめでとうが飛び交って。 おめでとうをもらうのは、誕生日以外は結構労力かかるからさ。これだけタダのおめで…

遠くが見えるようになりました

何年かに一度、物理的に遠くが見えるようになることがある。今年もさらに遠くが見えるようになった。 そうなのよ、ふっと遠くが見えるようになるのだ。ふつうに歩いていて、2つ先の信号が見えて驚く。信号が見えるう。いままで私は地面の白線しか見てなかっ…

落語の感想、言いづらいな(立川談春・芝浜)

立川談春の独演会に行ってきた。よかった。 って書くの、とてもたいへんなんだ。わかるかい。落語みたいな伝統芸能のすごい人の芸を見てなにか言うの、ためらわれる。私みたいなド素人なぞが感想言ってはいけない気がして。権威に怯えてるんだな。 けどま、…

そういえばもう「パスタ」っていうの恥ずかしくないな

休みの日の朝ごはんはパスタを作る。 いや、ほんとはうどんがいいんだ。冷凍うどん。チンしてそのまま卵わって釜玉にしてもいいし、塩昆布とかかつお節とかでおつゆ作ってもいいし。 んだけど、マイラバー冷凍うどんがいないときは、次点のパスタが登場する…

木の味がすきなのか?

年末ですから、梅田あるけば酔っぱらいも喧嘩のにいちゃんも暴走族も片言の日本語で途上国のこどもの写真見せながら寄付を求める人も路上ライブのおねえさんも一挙に出会えるけれど、電車のなかでアイスの棒くわえてるサラリーマンには初めてお目にかかった…

自信のにおい

自信を煮詰めると、傲慢さに変わる。その傲慢さは、万能感というにおいをふりまいている。万能感は自分にとっては芳香だけど、まわりからしたら鼻につく臭いだ。 自信は、ちょっと薄め、ものたりないくらいがいいのかもしれない。上品に香水をまとうように。…

今日はおやすみ

だめだ、うちのねこさまかわいい。ほか言うことない。 うめざわ

目隠し用の信仰心

信仰心を眼帯かなにかだと思ってるなあ私。見たくないものを見ないようにするための都合のよい道具だと。なにかを心から信じさえすれば、目隠しされて、こわいものが完全に見えなくなるんだと思ってる。だから、信仰心がほしいとか思うんだ。けど、信仰心っ…

彼氏が力士

恋人がサッカー選手ってのはたしかにかっこいいなあと思いながらニュースを見ていたけれど、最近聞いたので一番パンチがあったのは「彼氏が力士」これだ。強いしレア。韻まで踏んでる。 うめざわ ※こういうのもあるけど。 元カレが、サンタクロース♪電車内広…

今日はお休み

のどの奥がいがいがして、頭が重く、鼻がつまっている。つまり、とてもふつうに、風邪ひいた。一回休み。 うめざわ ※ポカリスエットがおいしいんだわ ポカリの怖るべき二面性 - 真顔日記

外国のお金

外国のお金はおもちゃに見えるけど、だからといって、捨てたりちぎったりしてはだめだよ。その国にはその国のお金があって、それに価値があると信じて社会がまわってるわけです。別の国の人間からするとその価値はわからないことが多いけど、これが1万円札み…

初めては1回だー

舞台とか展覧会とかコンサートとかいくときに、予習しなきゃって焦る。事前に知識をいれておいたほうが楽しめる。むしろ、そうじゃないと楽しめない。劇場について開演までスマホであらすじとか慌てて調べてきたけど、それ、いる?って思いつつある。 だって…

体を制御する

身のこなしが人より秀でてて、それで食べてる人は無条件でかっこいいよ。スポーツも芸能も。自分の体を道具として完璧に最適化していくってどんな感じだろう。この体さえあればどこでも生きていける、ってそう思ってみたい。それは自由なんだろうか、不安な…

ちくわぶの出番なのか

「Wi-Fi:ちくわパフェ」に対抗できる名前を考えている。 うめざわ

見えないものも、ある

いま一番私がおびえている価値観はこれだ。「見えないものは、ない」 だって、つらそうじゃなかったもん。えー? 何も言わなかったじゃない。そんな人知らない。いるわけないじゃん。 私が見てないんだから、そんなのはない。 いやいや、あのときしんどかっ…